>

努力してきた内容を述べる

面接では、自分について様々なことを質問されます。
特に前の会社での仕事内容を聞かれるので、具体的なエピソードを交えながら答えましょう。
例えばこのような仕事を任されて、工夫しながら仕事を進めて、良い結果を出せたというエピソードがおすすめです。
すると自分が真面目なことや、高いスキルを持っていることが伝わるでしょう。

ただ自分は頑張ったと言っても、相手は信用してくれません。
ですから、具体的なエピソードという部分が非常に重要です。
また、自分の長所や短所を聞かれることもあります。
短所を説明する際は、それだけで終わらないでください。
今は短所でも、それを改善するために努力していることを伝えると、前向きな印象を与えられます。

熱意とやる気を見せつけよう

さらに、これから新しい会社で頑張りたいことを伝えてください。
仕事の詳しいイメージがあると、本当にこの会社で働きたいという熱意を見せつけられます。
頑張りたいことや目標が何もないと、消極的な人物だと思われてしまいます。
それではマイナスイメージに繋がるので、転職先の仕事内容をよく見て、自分がやりたい仕事を考えてください。

またやりたいことを面接の時点で伝えると、希望を叶えやすい部署に入れてくれるかもしれません。
理想通りに働くことにも繋がるので、希望があれば遠慮せずに伝えましょう。
いろいろと言うのは失礼かもしれないと思っても、何も伝えないと全く希望しない部署となり、再び自分に合わない仕事を任されてしまいます。


成果を出してきたと伝える

この記事をシェアする